HEXANONレンズ

f0331001_07270240.jpg
 HEXANON 45mm F1.6は、フィルム撮影だとF4以上で尖り過ぎて使用するには辛い物がある。
 しかし、建築写真には解像し過ぎる鋭い描写はプラスに働くので有効だといえる。

 これがR-D1に付けた場合、尖った描写は繊細な線へと変質し、全体として良好な結果へと変貌を遂げるのだから面白い。
 そういえばSonnarも同様の傾向が見られる。

 それでは尖ったレンズの全てがそうなのかといえば必ずしも同じにならないのだ。


 R-D1 + Konica Hexanon 45mm F1.6
 ISO: 200
 露出: 1/1000秒
 絞り: 5.6

by Penepson | 2017-08-10 07:32 | 撮り歩き

<< あ、鳥だ ストレージフォトビューアーを買... >>