やっぱり前ピン

f0331001_07205193.jpg
 看板にフォーカスを合わせたのに手前の草にピントが来ている。
 この時から気にしていたがやはりピントがズレている様だ。
 R-D1のフランジバックがLeicaに対して微妙に異なるという話しも聞く。
 フィルムカメラと異なりフランジバックを測定する事が難しいので、そこら辺の確証は得られないが、無限遠が出ていない気もするので総じて考える必要があるのかもしれない。
 先ず無限遠状態でレンズを取り付けて撮影し、ピンの出る位置にマウントを合わせた後、更にコロを合わせなければならないとしたら少々面倒になる。

 R-D1 + Konica Hexanon 45mm F1.6
 ISO: 200
 露出: 1/125秒
 絞り: 2.0

by Penepson | 2017-08-08 07:23 | 撮り歩き

<< R-D1の画角について 危険を犯す >>