シャッター速度と価格

f0331001_07335404.jpg
 さっきネットを見ていたら、カメラのシャッター速度でのグレード別けについて批判的なコメントを展開している所があった。
 コストで見れば差は無いはずだというのが主張である。

 当然、製造コストでの差は無い。

 だから何だ?
 購入とは商品の持つ価値観と価格が購入者の感覚と合致すれば成立するものだ。
 それが高いと思うなら買わなければ良いし、買ってもいいなと思えば買えば良いだけだ。
 決定権は買う側にある。

 そもそもメーカーはグレードごとに売上を考えているのではなく、トータルで見ている。
 飯を食う為に作って売っているのだから、一方的な安く出来るはずだという主張は通らない。

 そもそも、そんな事を主張しながらその人はLeicaを持っている様だ。
 あれ程コストとかけ離れた所に価格を設定しているカメラは無いというのに。

 R-D1 + Konica HEXANON 45mm F1.6
 ISO: 200
 露出: 1/2000秒
 絞り: 2.0

by Penepson | 2017-08-02 07:44 | ブツ撮り

<< 夕暮れの北助松 疑似単線でもいいのでは? >>