EPSONのデジカメ第一期を振り返る

 このブログは信州精器関連で攻めているので、必然的に古い製品を取り上げる事になります。
 いえ、プリンターとかを中心に取り上げているならば、常に最新機種の最新情報になると思いますけれど、私がそもそもプリンターに興味を示さないので、こればかりはどうしようもありません。
 ここら辺がEPSON製品を沢山買っているのに表彰されない理由だと思っています(笑)

 という事で、今回も20世紀末期辺りのネタになります。

 CP-920Zを拾い上げた関係で、同時に発掘したCP-700Zを使い始めて、それを現代の目で見直すと案外銀塩時代に近いんだなぁと思った次第でありますが、こうなると他の機種についても興味がムクムクと出てくる訳です。
 そこで一通りの機種を今の目で見てみようと思ったのです。
 所有していない機種に関しては、レビュー記事の画像を参考にしています。


 CP-100
 スペック:35万画素(VGA), 1/3インチ プログレッシブスキャンCCDセンサ, 43mm相当 F2.8-8.0 固定焦点
 未所有

 CP-200
 スペック:35万画素(VGA), 1/3インチ プログレッシブスキャンCCDセンサ, 43mm相当 F2.8-8.0 固定焦点
 所有

 CP-100に液晶モニタが付いてマイナーチェンジが行われたのがCP-200だったと記憶しているので、両者の画質に大きな差は無いと思う。
 この時代では、単に写っているといった感じで質感が乏しく派手なフリンジが出ている。
 これはメモリが少ない事でJpegの圧縮率が高めに設定されている事も影響していると思う。
 写真的表現は不可能に近い。
 起動時間はそれ程早くないにしても、固定焦点なのである意味撮影はスムーズ。
 画素数が少な過ぎる為、レンズの性能が今ひとつ分からない。


 CP-500
 スペック:81万画素(XGA), 1/3インチ カラーエリアCCDセンサ, 36mm相当 F2.8 AF
 未所有

 CP-100や200でのノッペリ感は収まり、画素数は増えたが決して高性能なセンサではないと思う。
 エッジが立っている事で、余計にモアレやフリンジが気になる。
 やや平面的なのと輪郭がぼやっと滲んでいるが、モノクロームはそこそこに感じる。
 とはいえ、古いモノクロフィルムと解像度の低いレンズで撮影したテイスト。


 CP-600
 スペック:130万画素, 1/2.7インチ カラーエリアCCDセンサ, 38mm相当 F2.8 AF
 未所有

 1Mショックとか言われたのが懐かしい。
 描写は甘めに思えるが、CP-700Zと同じセンサの為非常に近い。
 ただしレンズが異なるのでもう少し細かく確認しなければわからない。
 光源が近いとフリンジが気になるものの、サンプルを見ると時に銀塩に近い画を吐き出しているから要注意。
 フリンジに関してはモノクロームにすれば目立たないので、やはりモノクローム向けなのか?
 彩度がやや高く感じるがポジフィルム系なのかもしれない。
 CP-700Zの短焦点レンズ版と思えば、手に入れる価値があると思うが、いやいや、この時代にそれはないだろう。
 でも欲しい(笑)


 CP-700Z
 スペック:130万画素, 1/2.7インチ カラーエリアCCDセンサ34~102mm相当 F2.8~4.7 AF
 所有

 今の所、第一期モデルの中で最も自然な描写に思える。
 ポジというよりネガ系のやや彩度が低い画を吐き出す。
 レンズはワイド端で周辺がやや甘くなるが、銀塩時代もこんな程度だったといえばそうかもしれない。
 解像で不利なズームレンズを採用しているもののワイド端でF2.8と明るい上、34mm相当の街中でのスナップに有効な画角は評価できる。


 CP-800シリーズ
 スペック:214万画素, 1/2インチ カラーエリアCCDセンサ38mm相当 F2.4 AF
 所有

 レンズがF2.4と僅かに明るくなって、恐らくダブルガウスタイプになったと思われる。
 ボディもアルミ外装をまとい、大きさも随分と抑えられた。
 反面、同心円状の収差が見られる。
 映像エンジンが幅を利かせる時代に突入している為か、恐らく素性は悪くないのだが妙に違和感のある描写をしている。
 立体感のある部分と無い部分が一枚の画像に混在する事がある。
 またセンサが大きくなり解像度も上がっているのにモアレが今まで以上に目立つ様になった。
 これは想像だが、この機種は今までと別系統だと思う。


 CP-900Zシリーズ
 スペック:324万画素, 1/1.8インチ カラーエリアCCDセンサ38mm相当 F2.4 AF
 所有

 CP-800の流れの描写かと思えば、突然、写真的に撮れたりする事がある。
 この機種も偽色を押さえる意味でモノクロームが良い。

 私はここまでを第一期として分類しています。

by Penepson | 2014-04-28 02:39 | 想うこと(その他)

<< CP-700Zは現在でも通用す... CP-700Zは現在でも通用す... >>