人気ブログランキング |

CP-700Zは現在でも通用するのか カラー編 1

 せっかっくなのでCP-700Zのカラー画像も検証してみました。
 (縮小、3:2トリミング以外無加工)
f0331001_20154762.jpg
 あまりカラーはよろしくないかと。
 いや、補色系である事がよりハッキリしたなと。
 PowerShot G1辺りと比較すると偽色の出方はまだマシに感じています。
 恐らく彩度もやや低いので目立ちにくいのでしょう。
 惜しむなら低画素の為、Jpeg圧縮時のモアレが目立つ事ですね。
 フリンジに関しても低画素の影響で上手く処理が出来ません。
 意図的にノイズを混入させた方が自然な表現になるかもしれないなと考えています。

 露出をもう少し落とすとイメージが変わったかもしれませんが、どちらかといえばやや眠いかな。
 それでも今日の様に無駄な派手さが無く、スッキリとしているかもしれませんね。
 因みにこれをモノクロームに編集しても今ひとつだったので、モノクロームを撮影したい場合は、内部設定そのものを始めからモノクロームにしておく方が良いなと思いました。
 もっとも、今更こんな事を突き詰めた所で、このカメラを使ってる人などまず居ないでしょう(笑)

by Penepson | 2014-04-27 20:20 | 想うこと(撮影・検証)

<< EPSONのデジカメ第一期を振り返る R-D1x模索中 >>