これからの主流。なぜかな?

 これからの主流。なぜかな?のキャッチコピーで売り出したのがHC-80/88でした。
 定価298,000円。
 おお、発売時のR-D1位だ(笑)
f0331001_00254144.jpg
 何がこれからの主流なのかといえば、タッチ16という日本語入力です。
 わずか16個のキーだけで全ての日本語を入力する事が出来るので、慣れてしまえばとてもスムーズな入力が出来ます。
 でも、これからの主流にならなかったので、慣れてしまわない方が良いかもしれません。

 結局、義務教育でローマ字を習うので、沢山の人が自然とローマ字入力に馴染んでいったのでした。
 私としては、ミスタイプはタッチ16の方が少ない気がしています。

 ハードウェアとしては、CP/Mを実装していたり表計算(日本語スーパーカルク)やワープロも出来たりと、かなり高機能なハンドヘルドでした。
 今風にいえば、エクセルとワードがプリインストールされている感じです。
 でも、ROM交換して本体のメモリへロードしなければ使えませんでしたけどね♪
 ワープロのROMや表計算のROMも持ってますよ(笑)

 画像はCP-920Zで撮影・モノクローム+粒子加工。

by Penepson | 2014-04-19 00:38 | 想うこと(その他)

<< CP-920ZとPowerSh... R-D1は長寿モデルだったのか >>